×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
紺碧の二塁手う~くんのおすすめビデオ

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.松田悟志
2.246:3AM
3.天罰
4.ご近所物語
5.竜巻
6.茂木健一郎
7.太陽の季節
8.小さな巨人 ミクロマン
9.Filter
10.TRIPLANE

終わりなき旅 僕はマンガをこう創ってきた 村上もとかの自伝、漫画に対する向き合い方などがつづられた本。
漫画とは何か、なにが「面白い」とかんじさせるのか、その本質を抑えていつも作品を作ってきたのだと思った。また、アシスタントに対する考え方も、人間性の低い漫画家が増えている中、本当の意味で人を育てているんだな、と感じて、共鳴した。

村上もとかの漫画は、とてもリアリティにあふれたものが多くて、
ヒット作の「JIN〜仁〜」も、なんでこんなに医療に詳しいの?!っとびっくりしたくらいだが、
医師でもない村上もとかがどのように専門家と作品を作り上げていったのかという背景もかかれていて、こだわり方や、考え方が素直に書かれていて面白い。

絵の上手さを追求する漫画家は多い。
だけど、絵の上手い漫画家のヒット作は実はそんなに多くないのではないか。
村上もとかの絵自体は、デッサンが狂っているところも当然あるし、絵がすごく魅力的なわけでもない。だけど、作品はぐいぐいひとを引き込むし、その間「夢」を見られる。引力があるのだ。
絵の上手さよりも、話の楽しさ、偽の世界をいかに本物に見せるかという工夫。

面白い作品は、やっぱり、このような姿勢から生まれるし、それは絵の上手さ以上に漫画家に求められるものなのだと、再確認した。漫画雑誌の不況といわれるが、もう一度、この原点にもどったら、漫画はまた面白くなるだろう、と思った。売れない漫画家に、一読をおすすめしたい。

岳人列伝 (小学館文庫) 「想像をめぐらす」ことも本読みの醍醐味だけど、
これまで山岳小説を読んできて、どうしても想像し切れなかった部分の霧が一気に晴れた。
既にして岳人の方々にしてみれば何でもないことでしょうが、
この霧の晴れは、素人には大きい。
これにて、ますます山岳小説にのめりこむ。

ファイアープロレスリング2nd BOUT 【PCエンジン】  プロレスというゲームにするにはかなり難しい媒体を、見事にゲーム化した名作シリーズ。組んで、ワンテンポおいたあとにボタンを押したタイミングで、どちらが成功するか決まる、というシステムは素晴らしい。
 キャラクターはプロレスを知らない人でも、どこかでみたことがある人たちがモデルになっており、技も対応しているため、燃えること間違いなし。投げろ! 落とせ! 鉄柱にあてろ! 流血させて体力を奪え! レフリーにあててもダメージになるぞ!
 対人対戦は燃えすぎて不仲になる可能性大。時折クールダウンしながら熱中しよう。良作。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!