×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

非実在怪人ろんくんのキラキラ動画ちゃんねる

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.宇野浩二
2.Wilco
3.Vionnet
4.松本人志
5.ANAP
6.Guns n' Roses
7.ハーネス
8.F7F
9.Killing Joke
10.予防

日本史の叛逆者―私説・壬申の乱 (角川文庫) 「壬申の乱」はその後の数百年の日本の歴史を動かすエネルギーとなったと言われている古代の一大事件である。本書はこの顛末を天智天皇、(後の)天武天皇、藤原鎌足の3人の登場人物に絞って描いたもの。戦闘自身はアッという間に終ってしまうので、そこに至る過程を描いたものである。大友皇子は顔を出さない。

主人公は天武である。天武は広い度量、寛容、忍耐、策謀に秀でた男として描かれる。一方、天智は老境の秀吉を思わせるかのように、猜疑、偏狭、峻烈な男として描かれる。全く対照的で、天武が後継者になる事は自明だった事を強く示唆する。また、鎌足は既に老境にあるが、相変わらず日本随一の智恵者として描かれ、天武も一目を置き、二人の間には交流があった事も記す。更に謎に満ちた天武の出自として新羅の皇族の子孫とし、父との出会いの場面も用意する。天武の出自に関しては、それだけで一冊の本が書ける程で、作者は新羅皇族説を選んだ訳だ。

「壬申の乱」が天武vs大友皇子の戦いだったのではなく、天智vs天武の兄弟(かどうかは疑わしいが)の確執だった事を想像力豊かに描き出した歴史絵巻。

アリよさらば ('94放送 / 出演 矢沢永吉、長塚京三) [DVD] みなさん酷評されていてびっくりしました。このドラマを見るまで、私にとって矢沢永吉は笑いの対象だったんですよ。演歌にしか見えないロック、ギャグにしか見えないビッグのカリカチュアとしての矢沢永吉。ところがこのドラマを見てリスペクトの感情が沸いてきたんですね。この人はファンのために職業矢沢永吉をやっているのだ、と。ストレートに役を演じるのではなく、矢沢永吉を業として一生演じ続けることを決心した一人の男が矢沢永吉が演じる役を演じることの困難さ…があるはずなのにそれを感じさせない。広く一般大衆に矢沢永吉の凄みを伝えることができたことで、このドラマは十分意味があったと思います。たとえそれがファンにとっては許されない暴挙だったとしても。少なくとも私にとって、矢沢永吉は嘲笑の対象からリスペクトの対象に替わった。私と同じ一見さんは多かったはず。矢沢を国民的ヒーローに押し上げるきっかけの一つとして、十分意味のある作品だったと思う。
武蔵伝II ブレイドマスター 前作が好きだったので今更ですが期待して購入しました。
感想としてはちょっとガッカリな感じ。
グラフィックは最初に違和感を感じたものの特に不満は無かった、むしろ良い。
が、肝心のカメラワークがイマイチ。
それを克服するためにロックオンがあるのに、うまく活用できない。まぁ自分が下手なだけかもしれませんが。
けど一番言いたいのはラストステージでセーブしたら戻れないってのはやめてほしい。
2週目やる気しないですし。
アクションゲームとしてはイマイチですが、武蔵伝としては楽しめると思います。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!