×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
影のライト兄弟ひろくんの気になる研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.チェロ
2.悪魔を憐れむ歌
3.an
4.R-1グランプリ
5.Journey
6.ロッキー
7.The Veronicas
8.王と私
9.ハウステンボス
10.W650

【Be★With】素直なナース/純白看護婦さん。肌触り最高! ツルツルペラペラな生地も多く、縫製がユルい物もありますが、かなりしっかり

ミニ丈で、形も良い感じです

夏は暑いかなぁ。
帽子が若干形小さく付けにくい気もしますが、妙に変な形でもないので、我慢出来る範囲です(^ω^)

LOVE GUN 映画「ラブドガン」の現場でのオフショット集、といった趣の写真集。

巻末のあおいちゃんが再び現場を訪れ、撮り下ろした写真とエッセイが特に素晴らしい。

リトルモアらしい質の高い作品。

Live at Montreux 2008 [Blu-ray] [Import] 2008年7月18日、スイス、モントレー・ジャズ・フェスティバル(会場はストラヴィンスキー・オーディトリアム)にてライヴ収録。ボーナス・トラックは2008年7月31日、フロリダ、クリアウォーターにてライヴ収録。2008年のモントレー・ジャズ・フェスティバルの目玉中の目玉、RTFの一度きりの復活コンサートを収録した作品である。期待するな、と言う方が無理だな。モントレー・ジャズ・フェスティバルの方が12曲、ボーナス・トラックの方が5曲。いずれも期待に応える演奏である。 ただこのDVDはリージョン1なので注意が必要で英国版のリージョン2なら問題ない。

確かに皆、風貌は変わり、多くのRTFではない音楽を創ってきたわけだが、ここでの奇跡的な変わらない音は何だろう、と思ってしまう。特に、『ノー・ミステリー』でのアル・ディメオラのオベイションとチックのヤマハの掛け合いはスゴイ。そして『ロマンチック・ウォーリァ』でのアルのガット・ギターとスタンリー・クラークのアルコ、そしてチックのアコースティック・ピアノ、ツボを外さないレニー・ホワイトのドラム。何度も何度も観直してしまった。ホントに素晴らしい。

ボーナス・トラックの方は映像的には若干手抜きで一度に色々なアングルを見せているだけで工夫のない映像だが、音は素晴らしい。特に、アル・ディメオラとチック・コリアの『スペイン』には唸った。往年のRTFファンだけでなく、今のジャズ好きにも観て欲しい傑作だ。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!