×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルプスのビクトリーごろちゃんのキラキラ動画一覧

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ゼクシィ
2.荻野真
3.羅川真里茂
4.Ever17
5.トロと休日
6.今井神
7.ホヤ
8.水崎綾女
9.D-PROJECT
10.ニーヨ

時効警察 オリジナル・サウンドトラック ドラマのサントラが気になって買ったのは初めてでした。このCDを聴くと、何だかドラマを観たくなってしまいます。DVDとセット購入をオススメします。
踊る大捜査線 THE MOVIE ~湾岸署史上最悪の3日間!~ [DVD] よく練られたシナリオ。
目の離せない場面展開。
そしてあっといわせるラストシーン。

日本映画の中ではトップランクに位置されるような面白い映画です。


湾岸ミッドナイト 評価の☆は原作好きであることが前提です。
PS3とPSPで新作が出た今もプレイしています。

この作品の魅力は何と言っても「原作の雰囲気の再現度」につきます。
原作の持つ独特の雰囲気・・・アンダーグラウンドかつマイナー路線を歩むあの感じです。

走行中のキャラクター&セリフのカットインの数は新作に比べれば決して多くないですし、ボイスもありません。
しかしそこが良い、そう思うのです。「ボイスを出さない」かつ「少ないセリフ」で生まれる余韻なのです。
例えば、レースが始まって数秒はBGMとSEのみでその後「パワーは出て当たり前 大事なコトはいつもその先なんだ――」とだけ表示。またしばらくBGMとSEのみ― セリフをたたみかけられると味わう暇がありませんので。
特にキャラクターの脳内で言われるセリフはマストです。ボイスだとダサくなる場合がありますので・・。
PS3の湾岸では「きたぁ――ッ 悪魔のZ――ッ」なんて真面目に喋られて興醒めしてしまいまいした(これは脳内セリフではありませんが)。

もう一点申し上げるとすれば、いわゆる「古代サウンド」の魅力でしょう。
この作品はトランスやユーロ・ハウス主体のものが多いレースゲームというジャンルにしては珍しく、オーケストラ風のサウンドが多用されています。スピード感とはまた違う迫力を感じさせてくれます(私はサントラも買ってしまいました)。

念のために言っておきますが、純粋にレースゲームとしての魅力は期待しないほうが良いです。
セッティングをするとか、クルマの外見をカスタムするとかはできませんので。なのでおもしろさは☆4つです。
あくまでも「湾岸ミッドナイト」の世界を満喫するためのゲームです。

ですから、原作好きなら買いです。単純に首都高レースゲームが欲しい方なら首都高バトルシリーズをオススメします。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!