×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進撃のポンポコだぬきうんちゃんのあっさり部屋

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.自由の女神
2.ラストバイブル
3.CALL OF DUTY
4.グロブダー
5.テイルズオブレジェンディア
6.愛が見えない
7.いくえみ綾
8.53歳
9.モンスターファーム 伝説への道
10.Raunchy

Skellig 一人暮らしをしていた老人が亡くなった後、残されていた古い家に越してきたMichaelの家族。
ペンキを塗り替えて、壁紙を張り替えて、荒れた庭を手入れして、池や花壇を造って…
その家は、生まれてくる妹を迎えるために、新しく生まれ変わるはずだった。
でも、家がまだ何も変わらないうちに、早く生まれてきてしまった妹。
妹について回って離れない死の匂いは、まるで、古い、荒れた家のせいのようで…

そんな不安に満ちたある日、
荒れた庭にある、今にも潰れそうなガレージの奥で、Michaelは埃や虫の死骸にまみれた男を見つける。
動こうともせず、助けを拒否し、ただただ、死を待っているだけのような男。
その男の背中に触った時、Michaelは、肩甲骨の場所に、何かがあるのに気づく。

人の姿をして、背中に翼を持って…
一瞬、‘天使’と形容してしまいそうになるSkelligの姿。

でも、Skelligは、決して、無垢で清らかな存在ではない。
埃にまみれ、虫の死骸にまみれて蹲っていた、投げやりな姿、
中華やビールをおいしそうに飲み食いする俗物性、
虫や獣を食べる肉食獣の臭い、餌の獣を丸呑みするフクロウのような習性…

でも、そんなSkelligが命を取り戻していく姿は、確かに美しい。

フクロウが運ぶ餌を食べるシーンは、
下手をすれば嫌悪感が沸いてもおかしくない光景なのに、なぜか、とてつもなく美しい。
残酷で、優しくて、美しい。

感動、と言うのとはちょっと違う気がする。
清らかでも無垢でもない、残酷で強くて、しなやかな命の美しさが心に残る。

二度のお別れ (創元推理文庫) 黒川さんの本を読み漁っていますが、これはここのレビューが1つしかなくしかも星3つだったので読まず嫌いで避けてました。でもデビュー作だし、ファンとしては一応、みたいな感じで取り寄せて読んだらこれが止まりません^^
確かに黒川さんの作品は僕のような関西人には親しみやすいのですが、特に黒マメコンビは地味で、東京中心の文学賞受賞の為には、同じ大阪出身の某売れっ子N賞作家のような東京に根を張り、東京に題材を求めた方が受けが良いのでしょう。主人公の肩書きも警視庁所属の警視!とか少なくとも関東以東の県警所属にして。
しかし読後に感じたのは内容は負けてへんでーって事です。阪神は巨人に勝る!みたいな^^事実、前出の大阪出身N賞作家が黒川氏と親しい事を考えると、この小説の犠牲者選びのトリックなど、N賞受賞作執筆の参考にされてしまったのでは??と勘ぐりたくもなったほどです。僕自身某N賞作家も大好きなんですが、彼の立ち位置が関西から段々遠のいて行くほど黒川さんにどんどん引き込まれるこの頃です。

SS501 U.R.MAN Special [DVD] 買って良かった!
みんなかっこよくて可愛いですよ
とにかくマンネがかっこいい!!
疲れて帰ってきた時の
一服の清涼剤として私の疲れを癒してくれてます。
ただ 会場のファンの声が大きすぎるのと
カメラのカット割り?
とにかく画面がパッツッパと変わって
じっくり見たいステージ上のパフォーマンスが
見れず いきなり遠方からの映像になったり
会場のファンの様子など 私としてはいらなかったなぁ
ただただ ステージを撮って欲しかったです。
でも ss501のかっこよさが出てるし
見ごたえのあるDVDではあると思います。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!