×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

放課後の資格マニアとらくんの直撃動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.半沢あい
2.ファンタジア
3.Chrome
4.綾波レイ
5.小宮ゆい
6.春よ、来い
7.でんぢゃらすじーさん
8.ヒデ
9.ドラえもん
10.CHANEL

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD] 伊坂幸太郎、映画化第1作目の「陽気なギャングが地球を回す」が伊坂・原作ファンとして非常に残念な作品?であり映画化だったので今回の映画も不安(作者と原作を知らない人が観て伊坂幸太郎オモンネーてなりそう)ながら観ました。が、今回のは思った以上に丁寧・原作に忠実な原作ファンとしても気持ちの良い映画化・映画でした。

この前の、お話にならない映画と比べてどこが良いかと言うと全部!!なんですが、特に良くて安心したのは、原作を「陽気な〜」みたくイジ繰り回してなく、無駄なエンターテイメントの要素なしで忠実にそして絶妙に省いて映画化していた所です。この絶妙さが映画監督のすごいとこなんだなと感心しました。そして、観る前は、あまり良いとは思わなかった俳優さんも観終わった後、良い演技・演出のおかげで「これで良い、いやこれが良い。瑛太だ!瑛太しかいねェ」のように他の俳優さんも含め自分の中でそう思えるようになってました。特に主役の人が良かったです。

今回の映画化の仕方は、原作ファンには安心して観させてくれて、読んでない方にも十分楽しめて、(読んでない方が、より楽しめるかも)人によったら原作や作者に興味が持てる、お手本のような気持ちの良い映画化だったと思います。傑作では決してないですが。

これからの伊坂幸太郎作品の映画化はこれを参考にどんどん高みを目指してファンもそうじゃない人も楽しませてくれる傑作を作って欲しいですね。なので期待を込めて、この点数です。

「陽気なギャングが地球を回す」を観てがっかりした人もこれは良いので観た方がえっすよ。


離婚ッ!―まるごと体験コミック 女性の側からの離婚体験談が漫画家の皆さんに寄稿されています。
藤臣柊子さんのファンだったので読みました。
男性側として知っておいて女性の心境でしょうね。
理解できるかどうかは別ですけど。違う生物として認識して
かつ尊重せんと、もろくも崩れるかも?という危機感は持ったほうが
よいというメッセージなのかな。

GIRL FRIENDS 2 (アクションコミックス) Volume 2 specific comments: slightly more nudity, with the adult themes of premarital sex and underage drinking.

First of all, as evidenced by the lack of any furigana and any content that could or would be misconstrued as adult, I think this book is being mis-marketed as josei when it should be shoujo. If for no better reason than because there's no nudity and damnit, it's annoying that i can read everything but the kanji.

Now that that is out of the way, I liked this volume. Unlike other mangaka I can think of , Morinaga Milk has a keen sense of characterization. Mariko ungoes a transformation throughout the story, and this volume in particular highlights that quite nicely. Sadly... Akko's character is barely sketched out in this book (it's until when the audience gets a chapter or two from her perspective that we start to rationalize who she is).

In addition, the art is quite nice and would have been fabulous if they had printed in B4 size and left the colored pages colorized. As it is, they desaturated them, and if I thought that was annoying when seen in Tokyopop or Viz, it's doubly so as seen in a real tankoubon. But still, there are some panels that are attractive enough to be passable.

The story is... probably its biggest drawback. In addition to the almost outlandish use of product advertising (I know for a fact there are a plethora of Real Simple-wannabe mags in Japan where they'd be more appropriate), and the truly sad way in which Mari is incapable of thinking for herself, the pacing is also quite trying. It seems that for every step forward the protagonist makes toward independence and emotional maturity, there are between 2 and 4 steps back in self-esteem. Also, as it's introduced in this book, the audience is incapable of understanding what Akko sees in Mari, besides being a My-Size Barbie. I do like Sugi and Tamami and I think they bring a much needed comic relief to the story, but of course they don't get their own stories.

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!