×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吉野虫博士おんちゃんのキラキラ動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.FiVE
2.幻超二
3.My Chemical Romance
4.アトム
5.稲中卓球部
6.アビエイター
7.書き順
8.やさしい手
9.SOUL'd OUT
10.大好き 五つ子


ドラゴノーツ -THE RESONANCE- (ジャンプコミックス) 世界とキャラは同じだが性格などが違うというのは良くあることですが。
アニメがアレだったのでこっちのほうが良いと感じてしまいました。
ただ、1巻で完結と言う事で話が短く出番の無い人たちが多いのが
残念です。

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.9 [DVD] 24、25話はテレビ放映と同じ、人類とタナトスとの決戦の回。自分の本当の気持ちに気づいたジンはトアのいるタナトスに向かう。同じく、タナトスと話し合うために信号を送ったISDAの面々。彼らがそこで目にしたものは…。そしてやはり人類を滅ぼすというタナトスに対して最後の決戦を挑むドラゴノーツチームたち。タナトスを説得することに最後の期待をかけるジンとトアは…。
 後半になって話が迷走ぎみだった「ドラゴノーツ」だが、結局最後は相当にありがちなエンディングになってしまった。人類を滅ぼすはずの敵を「説得」したり、謎の星だったタナトスが巨大ドラゴンに変形したり、退場したはずのキャラが再登場とか。正体不明なのが不気味な怖さを放っていたタナトスを擬人化した姿で登場させてしまったのもベタな展開に落としてしまってるよな…。「2001年宇宙の旅」のモノリスのような得体の知れない怖さのあるよくできた敵だったのに…。最後の結末も「二人の愛の力」なんてのに「逃げて」ほしくなかった…。最後まで作画は崩れてなく、雰囲気も非常にいいものを出しているのが逆に悲しかったりする。二人が生き残ったことで最初からずっとこの作品を覆っていた悲劇性が吹き払われたのは確かだが、ここだけ今までの話とは別物のように違和感がある。やはりこの作品の本質は悲劇性にあるのであって、それがなくなるとすごくヘンな感じの印象が残ってしまう。
 26話はTV未放映の番外編。「月詠-MOON PHASE-」なんかと同じやり方だが、中身も似たようなもの。前半が学園番長編(意外なキャラが主人公)。後半が孤島でドラゴン達に起きたキャラ崩壊の異変をジークリンデたちが救うという話。オールスターキャストで登場し、意外に分量のある内容になっている。今までシリアスだった分ギャグになると確かに笑えるし、こっちも作画は崩れてない。何度も見たいと思うほどでもないが、この手のモノでは比較的よくできているほうだろう。コメンタリーでも話しているようにスタッフの受けはよかっただろうな…。ただ、ここでこんなものを付けるよりも本編をもう少し頑張ってアニメ本体の人気が出れば同人誌で山ほどやってくれるだろうし、スピンオフ作品を作ったりもできるはず。スタッフ本人達が自分でやって、それを売りつける必要はあるのか? 前半のシリアスな展開に肩入れしていた自分としてはDVDで再度悲劇的な終幕を作り直すくらいの気概は持って欲しかったと思えてならない。

天使のプレゼント~マール王国物語~ ゲーム中の曲が全て収録されているわけではないのですが、印象に残る曲が多く入っています。例えば、ミュージカル曲ではオープニングを飾る「女は行動力」や、マージョリー一家のかけあいが楽しい「サバト」などがあります。また、「全曲新たにレコーディングした」というキャッチコピーの通り、音質がとても良いです。曲もアレンジされていて、特に「オレンジ村」の曲がしんみりきます。個人的に星4つにしたのは通常の戦闘の音楽が収録されていなかったからです。
☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!