×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

草食系パイソンふ~くんのもんまり携帯動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ひがしのひとし
2.Winger
3.井上靖
4.薬師寺涼子の怪奇事件簿
5.石黒ケイ
6.ヴィニシウス・カントゥアリア
7.天誅 紅
8.藤原ゆか
9.AJAX
10.億る

バルバロッサ作戦【完全版】 ナチスドイツの対ソビエト侵攻作戦の第一段階作戦であるバルバロッサ作戦を描いた文学です、時間経過・登場人物・兵器は史実に、忠実ですし活字だけでは理解しにくい時間の経過・作戦展開を劇画で判りやすくしている。
これは漫画ではなく、歴史の教科書という感じでとても勉強できます。

人類の歴史から戦争の年表を取り除いたら、殆んど歴史の事柄がなくなってしまいます、それだけ戦争の歴史を知るということは大切です・・。  


圓生百席(55)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~1「宗悦(そうえつ)殺し」~2「深見新五郎」 高価になりますがどうぞ全編お聞き下さい。

「素ばなし」といわれるジャンルに分類されるもので、

いわゆる怪談噺ではありません。

しかし怖いのなんのって!

効果音や演出に頼らず、単なるスタジオ録音なのに

この怖さは圓生師匠の高い技量に依るのでしょう。

前半のクライマックスは勿論「豊志賀の死」です。

古今亭志ん朝師匠もここだけ単独で演じておられます。

業病に憑かれた豊志賀の嫉妬、妄執は実に恐ろしく、

いいトシをして夢に見ました。

後半は「お累の自害」です。

人が変わった新吉の残酷さに身の毛がよだちます。

瞼を閉じても開いても情景が眼に浮かぶようで、

聞いてしまった事を後悔しつつ、どうしても

終いまで聞かずにはおられません。

私が、「小林 源文」の戦争劇画に初めて出遭った作品です。
内容のレベルの高さに驚嘆した思い出があります。
ドイツ国防軍の負ける戦いを非常な場面を正面から描いている。
戦争の非常さをス-パ-ヒ-ロ-を描くことなく、淡々と描いている所に感心しました。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!