×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カスピ海のニューヨーカーて~くんのきっちり動画大国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Fendi
2.TEN-EIGHT
3.トミーとマツ
4.モンスターハンター
5.ヴァン・ダイク・パークス
6.川原正敏
7.十二人の怒れる男
8.ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII
9.TAGRO
10.フリー

夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ) キューバが生んだ天才作家の傑作自叙伝。
J.シュナーベル監督、J.バルデム主演で映画化もされた。

実父が出奔し極貧に育つが、カストロ率いる革命政府の奨学金で学問を学ぶ。
しかしその救いの政府は、アレナスの同性愛嗜好を理由に迫害に転ずる。
マチズムに囚われた政府当局に何度も牢獄にぶちこまれながらも、
あらゆる「途方もない性的冒険」を繰り返しつつ逃げ延びるアレナス。
そうした逃亡生活でも「夜になる前に」公園の茂みで書き綴らねばならない。

いいようのない悲哀。だがそこには豊かで強靭なユーモアがある。
あまりにも純粋な性=生への渇望。だから生き続けられる。

マリエル港事件で難民のうねりとともに米国に逃れはした。
しかし「自由の国」にアレナスの求める自由は果たして存在したのか。
最も憎んだ父=フィデルが統べる祖国。
離れて味わうキューバ的性=生の喪失。
そしてエイズの発症と絶望と自死。

濃厚なる性的生を生きるのに不可欠な肉体の衰滅。
それが、このピカレスク的自伝の主人公にとっての悲哀だったのか。


夜になるまえに [DVD] 主演のハビエル・バルデムが、アカデミー主演男優賞候補になり話題になった作品。
時代は、キューバ革命前から描かれる。
同性愛の作家が、カストロ政権下で迫害と弾圧を受けつつ、自由を求めて亡命する。
自由って何だろう?と考えさせられた作品だが、決して重くはない。
人が人を思う気持ちは止められないもの。
肉体は滅びても、思想は滅びないもの。

共演者として、J・デップが二役で登場するのが見所。
取り調べを行う軍服姿が凛々しい美形の将校、あっと驚くような女装のボンボンちゃん。
J・デップの美しさを再確認できるような二役だった。
無修正でオヤっと驚くような水中シーンあり。
浜辺で語られる「ゲイ」の種類のうんちくが面白い。
万人受けは難しそうだが、J・デップファンを含め一見の価値がありそうな作品。
キューバ革命、カストロ政権をちょっと違う角度から捉えていて、興味深い。
「自由」を求めた末に得たものは・・皮肉。

ヨコハマメリー [DVD] 気になっていたこの作品をやっと手にする事が出来ました。関東で生まれ育ったものの横浜にはほとんど縁がなかった私でも、彼女の名前を聞いた事がありずっとこの作品を見たいと思っていました。

特に見せ場があるような映画ではありませんが、一言一言から浮き上がってくる当時のメリーさん、横浜、横須賀の姿がありありと目に浮かびました。彼女がなぜああなったか、というのはこれだけでは分かりませんが、それでも少し人間らしいメリーさんも垣間見えて、ほっとしました。

あのような風貌でなければ、もしかしたら普通の女性だったかもしれない。ちょっとドラマチックなことのあった女性とその周りの人々の一時期を記録した映像は、なんだか他人事に思えませんでした。マイウェイの日本語歌詞も初めて聞きましたがいいですね。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!