×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

影の超人とらくんのびっくり携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Burmilla
2.AG
3.満島真之介
4.デジタルカードバトル
5.Gipsy Kings
6.Buckcherry
7.滴草由実
8.WITH LOVE
9.DANCE
10.AG

生徒会長に忠告 (5) (ディアプラス・コミックス) 知賀と国斉が両想いになって、甘あまで幸せな日々から始まります。相変わらずなバカップルぶりでドキドキ。 しかし忘れかけていたストーカーの存在…遂に誰なのか確信してしまう知賀。 そんな展開にハラハラしつつ、何と期待していた近藤と雛森に新たな展開がっ! お互いの存在で精神的に良い意味で変化していく二人… 雛森の行動により関係にも変化が訪れ、近藤が…もう…可愛いのです(笑) メインの二人のエロさにもドキドキしつつ…正直近藤&雛森がメインじゃないか!?ってくらいトキメキの第5巻… 巻末には番外編他、アニメレポなども収録されていて読みごたえありました。 ドラマCD(両想いになるまでを音声化!声優さん半端なく豪華!)も発売決定で、ますます目が離せない門地ワールドオススメでっっす☆☆☆☆☆
アロハロ!紺野あさ美写真集[DVD付き] 紺野あさ美さんにとって3冊目となるソロ写真集。
今回は「アロハロ!シリーズ」ということで、水着カットが多めなのは
もちろんのことですが、留学先での生活を満喫する姿を
写し出したカットも多く収められてます。
さらに、日中青い空の下での明るい表情から、
夕暮れ時の少し物憂げな表情まで、様々な表情を見せ、
様々な髪型にチャレンジした紺野さんの姿が満載となっています。
付属のDVDは10分程度の短いものでしたが、
撮影時の様子がよくわかるようなものとなっており、
動きとともに変化していく紺野さんの表情は、
一瞬の表情を写し出す写真集のカットとは、また違った良さがあり、
時間は短かったですが、内容は濃いものとなっております。

ファンとして、今作品に高い評価を出すのは当然かもしれませんが、
前作「なつふく」から約1年経って、より大人びた表情や、
今までに見たこともない感じの髪形や表情も多く収められた今作品は、
ファンにとってはもちろんのこと、紺野さんをあまりよく知らない方でも、
きっと満足頂けるものとなっていると思います。

生きること 前作『転々』(2006年)に引き続きNYでレコーディングされた最新作。2008年4月25日リリース。現在のメンバー(巻上公一(vo)、三田超人(g)、坂出雅海(b)、清水一登(key)、佐藤正治(ds))となってから数年を経て、熟成度も増した繊細かつ重厚な、ある種侠気あふれるクールなサウンドに魅了される。即興とソングのミックス加減も絶妙。ここ数年のライブの定番になりつつある「デジタルなフランケン」や「入念」の緻密に改訂されていったアレンジの素晴らしさには唸る。このアルバムのテーマは何と環境問題!しかしそこはヒカシュー。世にはびこるロハス企業とタイアップした商業音楽の生ぬるさのかけらも感じさせない巻上のうたの世界には、30年間ロック、ポップス業界の中にあって常にアウトサイダーであり続ける彼らの生き様の軌跡が見える。怒りも呆れも疑問も赦しも諦観も全て内包しつつ揺るぎない意思を発露させて聴き手の心に迫ってくる「ベトベト」や、誰もが深刻に思いつつでもなかなか口にしない言葉を飄々とキャッチーに歌い上げた「オーロラ」などは、間違いなく今後のヒカシューの代表曲になっていくであろう傑作だ。そして、ジャケット及びブックレットを飾る逆柱いみりのイラストレーションがこのアルバムの世界観そのものを表出していて本当に素晴らしい。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!