×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新米カロテンうんちゃんのお気に入り研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.東方紅魔郷
2.安藤聖
3.ほそかわ春
4.T-BOLAN
5.さくら
6.エド・ウッド
7.C.P.E.バッハ
8.泣くな青春
9.岡本真夜
10.Xperia

月刊ファミ通コネクト!オン 2011年11月号[雑誌] FF14の特集に関しては、
21ページ。雑誌の1コーナーとしては、まずまずの分量。
新たに追加する機能については、インタビュー形式で回答しています。

個人的には、まずまずの内容でした。
しかし、次にこの雑誌が出るのが、
1ヶ月後だと考えると、欲を言えば、
もう気持ちボリュームが欲しいところ。

なお、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏によれば、
この1年で、目指すものの50%に達していると、興味深いインタビューがありました。
このままブレーキをかけずに突っ走っていきたいそうな、
FF14の明るい未来が見えてきそうな印象もあり?

<特集の詳細>

まず主な特集は実装が10月5日に決定した、
1.19のバージョンアップに関してです。

グランドカンパニーとイフリートを軸に、
フローチャートでこれまでの実装をまとめてあり、
今何がどこまで変わったのか?を知るには見やすい。

また、後半はインスタンスレイドのゼーメル要塞を、
スタッフチームが攻略するページがあります。

これは細かいターミナル起動の手順や、
宝箱の出現条件なども書かれており、
これから挑もうとする方には参考になると思います。

そして最後の1ページには、
スタッフ調べのローカルリーヴ納品時の、
獲得修練値一覧があります。

最後に。
以下は、1.19に実装開始予定のもので、
雑誌に記述があったものをまとめました。

ただし前回のレビューが詳細を書きすぎたのか載らなかったみたいなので、
今回は濁してあります。疑問文が多いのはそのためです。
あくまで雑誌購入の参考に。

<マテリア>
まずマテリアとは、
愛着が上がった装備を結晶化(マテリア化)して、
他の武器や防具の装着する事です。
これでパラメーターに価値を付加するもの。

・装着出来る部位の数と最大装着数に関して
・レア、エクレアにはマテリア装着が可能なのか?
・装着失敗に関して

<蛮族拠点と蛮神イフリート>
・2つは関連性はあるのか?
・イフリートはレベル別の攻略があるのか?

<グランドカンパニー>
現段階の仮の状態から、正式配属になり、
途中変更が出来ないのが1.19の仕様です。
 ※変更可能になるのは先のようです
・グラカンのNPCが着ている制服が報酬?
・マイチョコボの装飾品に関して→1.20以降の実装予定
・選んだ組織によって猛烈な差やメリット&デメリットはあるのか?
・新たな軍票を稼げるコンテンツの実装とは?

<ジョブに関して>→1.21以降の実装予定
ジョブは今までのクラスの下にあるようなイメージ。
クラスが条件を満たすとジョブに変更が出来るようで、
ジョブとクラスはレベルや経験値を共有します。
・ジョブチェンジの条件とは?
・正式に明かされた6つのジョブとは?

<その他の変更点 ※簡易的な記述や実装はするが詳細は無しな記述>
・アクションの再配置に関して
・ギャザラーのステルス機能の実施
・UI(ユーザーインタフェース)に関して→1.19以降の実装予定
・バザーのアイテム名検索→1.20以降に実装
・占有システムの見直し
・自由に入れるフリーカンパニー
・モンスターのPT実装
・モンスターのリンクシステム
・オートアタック専用のクラス別の新モーション
・レシピのリニューアル
・ギャザラーが取得できるマテリア専用の触媒に関して
・リテイナーの雇用人数の見直し→カバンの量増加で回避か?
・チョコボ獲得の主な手順
・飛空挺

モンスターハンター フロンティア オンライン シーズン10 プレミアムパッケージ 低ランクにも新モーションが追加されているので(F1復帰組なのでこの時点では分かりませんが)PS2、P2Gユーザーには新しいと思います。
シーズン9まではただゲーム内容が変わっていくだけだったもので。

他の方にはあった友人には奨めれないとの話ですが、ごもっともな話だと思います。
確かに、序盤こそモンスターハンターの味が楽しめますが、100に至ってはただ500をめざし突っ走るゲーム設定には首をかしげます。

毎回の肉質設定の変更。非難されている方もいますが、プラス思考で考えれば毎回新しい戦術を構築する楽しみはあるのですが。
(自分は後者の考え方です。)方針が見えてこないというのも不安要素にプラスされているかなと思います。

ですが、逆に100になれば、このゲームの9割は楽しめると言ってもいいかもしれません。
所詮SRは500からのユーザーのためのおまけのようなものですし、500以上のユーザーにとってはHRが400以下でもあった場合は、それ以上求めたり、跳ねたりはなく
暗黙の了解として受け入れてくれると思います。さすがに猟団に入れば、むりくり上げさせられるかもしれませんが・・・

ただ、ふらっと遊ぶ分には十分な内容かと。500からの新モーションも派手ですが、ゲームバランスを崩すほど激しい内容でもありません。

ついつい、SRやHR500以上に目が行きがちですが、足元を見ると、しっかりモンスターハンターです。
武器も毎回増え、モンスターも増えています。


ながいスパンで見れば、携帯機よりも楽しめると思います。
携帯機は無料。MHFは有料。お金がかかると聞き敬遠する方もいますが、これほどの内容を無料で楽しむなど無神経だと思います。

深さはともかく、厚さは半端ないです。

FOR THE FLAG 野球日本代表 夢と栄光への挑戦 [DVD] オリンピックの壮行試合も出場できなくなった今、これが長嶋監督最後の映像なのでは?
こんなにも日の丸、オリンピックへのこだわりをみせる長嶋監督が
本当にアテネへは行けないのか?
アテネ予選が終わった後の長嶋監督の選手に語るオリンピックへの想い、今回のことを
予感させる台詞もあってマジ泣けます。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!