×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニヒルなフィクサーてるおくんのばっちりアイランド

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Tortoise
2.fool
3.Drive
4.ランディ・クロフォード
5.坪内逍遥
6.KERAKU
7.川島永嗣
8.黒豆
9.中島みゆき
10.Dr.モロー

iriver ダイレクト録音対応高機能プレーヤー E150 4GB ブラック 外部マイク対応 microSDスロット スピーカー内蔵 E150-4GB-BLK ダイレクト録音ができる安い機種を探して買った当製品。
 
パソコン使わず録音できるのは大変便利。
シャッフルアンドリピート使えば編集皆無ですし、ランダムプレーヤーとして使ってます。
音に関してはノイズは入らずクリア。機材の環境にもよるそうですが、とくに7000円台の家庭用プレーヤー使っても大丈夫でした。

ただ、録音してるときに音が聞こえないのでどこまで曲が進んでるのかわからないとこと、録音が終わってもストップがかからないのが困りもの。

なんといっても本体ボタンの不確かさ。
下ボタン押しても反応なかったり遅かったり。
本体で編集や再生曲を意図的に変える事が多かったりする人にはあまりおすすめできません。
パソコンで曲管理してる人は別の機種がいいかもです。

ダイレクト録音を目当ての人は音は悪くないので最安商品で選ぶなら問題ないかと。

モンキーターンV 第7節 [DVD] 第6節で波多野はSG全日本選手権競走で究極のVモンキーを駆使し、
優勝しました。まだ完全にマスターしきれていないVモンキーを一日も
早く自分のものにすべく練習に励む日々を送る。そしてSGチャレンジ
カップへ向かう。一方でVモンキー攻略策を考えていた。そして、いよ
いよ競艇王チャレンジカップが始まる。年末の賞金王決定戦に向けて、
波多野やライバル達の壮絶なバトルが繰り広げられる。しかし、波多野
のVモンキーには弱点があり一般戦の鬼「蒲生」に・・・
本当に素晴らしいレースが繰り広げられます。
モンキーターンVも残り第8節となってしまいました。少し残念な気持
ちになりますが、第8節は感動の内容となることでしょう。
是非とも皆さんにもこのモンキーターンモンキーターンVを見てもら
い一度でいいから本当の競艇場へ行き、生のレースを一度見て欲しいと
心から願っています。では第8節で・・・

テコちゃんの時間-久世光彦との日々 『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『ムー』……大好きなテレビドラマだった。その演出家であり小説家であり、5年前に70歳で急逝した「テコ」ちゃんこと久世光彦氏。彼と生活をともにした朋子夫人が、久世氏との出会いから別れまでを記したエッセイ集。

文章の素晴らしさに目を見張る。向田邦子の才筆を受け継いだような健筆ぶりは、平凡社のPR誌『月刊百科』に連載中から高く評価されていた。その名文で、これまで語られることのなかった久世氏の子供時代の話、毎日の献立など、ごく日常的なことが、静かに愛おしく、めぐる季節とともに綴られている。

朋子夫人が東京・銀座で経営するバー<茉莉花>(ジャスミン)の名の由来も出てくる「誕生会」や「春の別れ」。スキャンダルに巻き込まれ、愛と過ごした辛い一日を回想した「ナータへ」。老いへの憂いを<終戦の日>に絡めて見事に表わした「歳の差は」。父親を見舞うための帰省をきっかけに久世との旅を懐かしむ「おむすび」など22編。

朋子夫人が紡ぐ久世氏との記憶は、どれも切なく優しく、読んでいて胸が熱くなる。22歳の年齢差、妻子ある人との密やかな恋、未婚のままの出産、そして妻へ……30年以上にわたり、ひとつ屋根の下に暮らした二人の時間を書くことで、出会いと別れを、ゆっくりとやり直しているようだ。

久世氏が自作の昭和ドラマと同じく、自分の家庭でも大切にしていた昭和の暮らし。それを実現してきた朋子夫人の想いと献身が、悲しくも温かい。かわいい「テコちゃん」のまんまの久世光彦が、ここにいる。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!