×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北のバロンドールまおくんのびっくり動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.サライ
2.岩崎ひろみ
3.魯山人
4.それゆけ 徹之進
5.さかもと未明
6.いがらしみきお
7.まんが 水戸黄門
8.Beastie Boys
9.ジョー・コッカー
10.国立ち日記

セイワ(SEIWA) 車でお湯が沸く DC12V ボトル電気ケトル Z60  トラックドライバーをしており、弁当を食べるときに暖かい味噌汁が飲みたくて購入しました。知り合いから『24ボルト用トラポット』を貰って使っていましたが、走行中にお湯を沸かすには本体の安定性が悪く危険な為、設置しやすい物を探したところで本製品を購入。本製品も「走行中は使用禁止」を謳っていますが、車を停車させてから湯を沸かしたのでは休憩時間が終わってしまうので、自己責任で使用しています。きちんとしたカップホルダーに設置すれば、乗り心地の悪いトラックでも、本体が倒れたりすることはまずありませんね。注ぎ口もそれなりのロック機構が付いてるので安心です。ただ、90度で電源がオフになった後は、65度まで下がらないと沸かし直しが出来ないのがもどかしいです。保温性能は無いと思ったほうがいいくらいなので、この手の安全装置は【90度でオフになる】だけのほうが使い勝手がいいと思います。やはり12ボルト使用なので、湯沸しの時間は24ボルトの倍と思って下さい。
 と、辛口のコメントをしましたが、今では自己責任の範疇で裏技・改造をして使い勝手をよくして使用しています。まず、本体ふたの縁の方に穴を開け油料理用の温度計(ホームセンターで1000円ほど)を差込み、希望の温度になったら電源を切るようにしています。また、65度まで下がる前に沸かし直しがしたいときは、100円ショップのDIYコーナーで売ってる先の細い圧着バサミ(洗濯ばさみの大きいやつ)で通電ボタンを強制的に押しっぱなしにして沸かしてます。この場合は、90度を過ぎても、自動電源オフにはならないので注意が必要です!
 もう一つ、本体は二重構造になっていて、内容器の外側下部に基盤等が設置してあるのですが、その内容器と外容器の間に湯が入ってしまい基盤が濡れてしまったことがあります。おそらく上蓋の締めが甘かったんだとは思いますが…。底蓋に水抜きの穴を開けて対応しました。
 こんな感じで費用対効果では大変満足してますが、ノーマルのままでは使い勝手が悪いので【星3】にしました。

紅い棘 本書(奥菜恵い棘』双葉社、2008年)は女優・奥菜恵の自叙伝である。芸能界引退報道や株式会社サイバーエージェントの藤田晋社長との離婚などゴシップとなった出来事にも正面から語。暴露本として扱われる傾向があるが、むしろ真面目に人生観を綴った作品である。
昨今の日本では勝ち組、負け組に二極化させる格差社会論が大流行である。ヒルズ族の藤田氏と女優の著者はセレブ婚と騒がれ、勝ち組を象徴するカップルであった。しかし二人の結婚生活は僅か一年半という短命に終わった。著者は離婚の理由を「幸せの基準、価値観には埋めることのできない溝があった」こととする(112頁)。
二人の価値観には、どのような相違があったのだろうか。著者の価値観は本書に明記されている。「どこにいても何をしていても一緒にいられる喜びをともにわかちあうことや、その気持ちを大切にすることが私にとっての幸せだった」(105頁)。
これに対して、藤田氏の価値観については本人が直接語っているわけではなく、著者の目から見た出来事が語られているのみであるが、そこからは、お金があること、お金で高級なものを消費することにあると推測できる。
例えば著者は藤田氏に対し、「あなたの幸せってお金? 肩書き? 世間体? 高級レストランに行くこと? 外車を乗り回すこと?」と怒りをぶつけている(108頁)。
また、著者は父が誕生日プレゼントとして著者に贈ったジュエリーボックスについて、藤田氏から「どうせお前のお金で買ったんでしょ」と言われて、ショックだったと述懐している(110頁)。
実際の藤田氏がどのような価値観を抱いているかは知る由もないが、少なくとも著者が、藤田氏はお金を幸せの基準としていると感じたことは確かである。特定の個人の価値観についての話であるが、一般に語られるヒルズ族と呼ばれる人々に対するステレオタイプな見方と共通していることは興味深い。
日本は格差社会に入ったと言われるが、ここには上層・上流の人々の文化は見えてこない。高級マンションに住み、高級レストランで食事し、高級な外車に乗ることは、価格が高価になっただけで普通の市民生活の延長線上に過ぎず、独自の文化と呼べるものではない。格差とは経済格差(所得格差、資産格差、消費格差)のみであり、お金さえあれば上流社会に昇れるかのようである。この点には良くも悪くも日本の格差社会の底の浅さが感じられてならない。
お金で幸せを含め全てを買おうとする勝ち組的価値観とは対照的に著者は沖縄旅行で会った人々や中学からの友人との交流などを通じて癒され、自分自身の原点に回帰していった。「自分の生きる意味、幸せの基準を完全に失ってしまう前に、もう一度この手に手繰り寄せることができた」と語る(185頁)。人とのつながりを幸福の基準とする著者の価値観は格差社会を生きる多くの人にとっても参考になる。

THE OKINA 3/3 in Paris メグちゃんデビュー10周年記念の写真集3部作の中では、この1冊が最高の露出度。各週刊誌で話題のとおり、真っ白なワンピースを素肌に纏ったり、黒の下着姿を披露したりしているが、極めつけは全裸でベッドに座り、毛皮(?)を体に巻きつけたカットだろう。ほとんど胸が丸見えなのには驚きだ。

某雑誌に彼女(にそっくりな人物)のニャンニャン写真が掲載されたりと、なにかと話題の彼女だが、いまのオキナメグミは大人の魅力が漂ういい女になったことは間違いないだろう。


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!