×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肉食系ニューヨーカーつ~くんのくりくりムービーリスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Do 335
2.アレッポ
3.厳島神社
4.Su-30
5.プリティサミー
6.イルカ
7.Havana
8.フランス料理
9.カルビー
10.KSB

i-mobile
夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子は、今から50年以上前に彗星のように俳壇に登場し、
2冊の句集を残し「失踪」したまま、
いまだに生死もわからない(生きていれば90歳になる)
「伝説の俳人」である。
その2冊の句集「春雷」「指環」が1冊にまとめられた本である。
タイトルの「夏みかん酸つぱし〜」は、しづ子の代表作のひとつ。

この句が象徴するように、
「主観、心情」が思い切り入った句が多い。

俳句はそこにあるものを写生するもの――というホトトギス派の流れがある。
しかし現代俳句はそこから一歩突き抜けたものを模索しているようだ。
そんなときに、しづ子の句集がまとめらたのは、意味のあることだと思う。

帯に椎名林檎の推薦文がある。これがなかなか、いい。

 愛でたまへ
 梅に芙蓉に
 好き好きに
 咲くも枯れるも
 きみの意志なり

 をんなという大自然は、
 誰がためともなく
 在るべきものかも知れません。
 
本書の最後に、詩人・正津勉による「鈴木しづ子というひと」という
15ページにわたる一文がある。これが出色です。

 コスモスなどやさしく吹けば死なないよ(しづ子)

京都はんなり乙女旅―夏蜜柑色の盛夏 自費出版の苦労がわかる感じです。
せっかくの写真だから頑張ってカラーで載せて欲しかったです。

初めて京都に行かれる方が参考に。。。と読んでいくにはいいかも知れません。



ベーム/シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレイト」 [DVD] ともすれば退屈になりがちなこのシンフォニーを、最初の幽玄なホルンの序奏から終楽章のコーダまでじっくりと堪能できる。ベームとウィーン・フィルのコンビによる響きがすばらしい!がっしりとした構成であり、一切の演出はないが、心にずしりと響く演奏だ。特に第二楽章はすばらしく美しい。収録は1973年であるが、ムジークフェラインザールの響きを見事に捉えている。カメラワークも悪くない。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!