×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

13日のホームラン王てるおくんのスペクタクル携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.da
2.GREE
3.シュラフ
4.コンタクト
5.林丹丹
6.Kokomo
7.Kudai
8.モノクローム・ファクター
9.MY
10.Wha-ha-ha

ナイツ into dreams(通常版) セガサターンの頃からのファンです。当時私は小学生だったのですが、このゲームの音楽に惹かれて、もっといろんなバージョンを聴きたい、もっとリングをいっぱい潜りたい!(笑)の思いでやり込んでいたのを覚えています。

それがPS2で復活するなんて嬉しいです!
セガでは四方八方グリグリ押せるボタンだったのですが、PS2のコントローラーは、グリップ?なので、少しでも押し位置を間違えると星や玉が取れないので、はじめは少し戸惑いました。

慣れたらそれなりにいけるんですが、セガで慣れていた私には少しやりずらく感じました。練習あるのみですね。

あと、ナイツのスピードが落ちてる気がしました。さらにダッシュの緑メーターも満タンになりづらいし…頻繁にボタンを押して調節をかけないとですね。
私の腕が落ちてるせいかもしれませんが(笑)そういう意味では少し難易度が上がってるのかもしれないと思いました。
これも練習あるのみですね。

ステージやボスも全く変わらず。今まで苦労したことない魚のボスが、なぜかなかなか倒せなくて難しかったです。…グリップのせい?(←言い訳?笑)

しかもクリスマスナイツまでついているなんてお得です。ただ、クリスマスナイツの神経衰弱で集めるプレゼントゲームのやつもつけて欲しかったと思います。あれの「♪」のミュージックのやつはお気に入りで、ナイツの全ステージの全曲バージョンが自分で組みかえられて聴けるので、あれを期待してたんですが…><
でも、別でコンプリートなサントラも出てゲットできたので、良しとします。

もっと欲を言うなら…2を出して欲しいです。この雰囲気で、ステージも新たに、そして何よりあの素晴らしい音楽も新たに。新たに悩める少年少女。ナイツの新たな夢への冒険へ。
セガさん、お願いします><

魔法戦士スイートナイツ コンプリートDISC スイートナイツシリーズで魔法戦士プリンスティアだけやってなくてどうせ買うならコンプリートディスクを買おうと思い、買いました。ゲーム自体は今までの内容とまったく変わりはなかったですが新しく「爆烈!スイートファイト」なるものが入っています。話し的にはスイートナイツ2の続きの話のようです。私的にはプリンセスティアが可愛かったのでおなかいっぱいかと・・。エロいし・・。
リスト:超絶技巧練習曲(全曲)@ベルマン(p)  もはや練習曲ではない。そんなことを忘れさせ、音の隅々まで歌い尽くすかような豊かな響き。それでいて、彼の演奏は、恐ろしいほど、あくまで譜面に忠実だ。まるでリストを挑発するかのような盛り上がりだ。なぜこんなことができるのか。
 ピアノを弾く者なら、持っていて当然の古典、驚嘆の一枚。もちろん近年の奏法は、どんどん進化している。だが、それが進化と言えるのか。この領域においては、演奏以前に、演奏家としての楽器に取り組む姿勢が問われる。同じ楽器から、同じ音符から、どれだけの音を引き出すかは、演奏するものの執念にかかっている。
 そもそも、超絶技巧、などという訳は、その根本の精神を見失っている。トランスツェンデントとは、個別を越え、すべてに共通通底する、という意味だ。十本の指という絶対条件において難しい位置の音であろうと、差異なしに弾きこなす。個々の指が個々のキーを叩くのではなく、ピアニスト本人がピアノ全体をかき鳴らすのだ。その意味を理解して、ほんとうの意味で弾きこなせる者は多くない。だいいち作曲家のリスト自身ですら無理だった、とさえ言われている。
 だが、ベルマンは、強靱な精神力で、それをやってみせた。どの指も、どのキーも、彼の意志に従う。曲に溶け込む。だからすごいのだ。現代のピアノのキーの重さは、その音の響きのために必要なものだ。古典ピアノですら困難だったこの十二曲を、現代のピアノで弾きこなすということがどういうことなのか、もはや曲さえも越えて、ピアニストであるということそのものが示されてくるような名演奏だ。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!