×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

荒野のせんとくんき~くんの仰天アイランド

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.D×D
2.中村マイケル
3.ハリウッド
4.キュリオシティ
5.バイドゥIME
6.木下隆行
7.黒丸
8.ジョー山中
9.過ぎし日のセレナーデ
10.がんばれゴエモン

シャフト【日本語吹替版】 [VHS]
1971年の大ヒット映画「黒いジャガー」のリメイクである。
監督のゴードン・パークスや主演のリチャード・ラウンドツリーら、黒人スタッフによって製作され、社会現象にまでなったオリジナルだが、今回のバージョンは、サミュエル・L・ジャクソンの好演は魅力的だが、凡百のアクション映画とたいして変わらない。

わんぱくシューズブラシ グリーン
靴の裏を洗う爪がついていて、ゴムの間に詰まった石などが取れるので、リピしてます!

シャフト【字幕版】 [VHS]
大ヒットを飛ばしたブラックパワー・ムービー『黒いジャガー(原題:SHAFT)』のリメイク作品。『黒いジャガー』で主演したリチャード・ラウンドトゥリもシャフト(サミュエル・L・ジャクソン)のアンクル役でカメオ出演しており、マ○ー・フ○○カーなアフリカンパワーはオリジナルから忠実に引き継がれている。この映画の登場人物は当然ほとんどがアフリカ系なのだが、作品に不思議と閉鎖的な空気は流れていない。サミュエル・L・ジャクソンをはじめ、ヴァネッサ・ウィリアムス、ジェフリー・ライトといったメジャーな俳優を揃えているからに他ならないのだが、最近暴力沙汰を起こして逮捕されたBAD?MANことクリスチャン・ベイル(ウェールズ出身)の存在感が効いていたからではないだろうか。

最近はヒーロー役などもこなしているクリスチャン・ベイル。しかし、この人の真骨頂はそんなきどった正義の味方ではなく、『アメリカン・サイコ』のパトリックや本作品のウォルターのようなキレ系WASP役が大ハマリする危ない男優である。後ろ手に手錠をかけられたベイルがニヤッと笑いながら前方見つめる暗ーい目つきは、この人がゲーリー・オールドマンと並ぶ天賦の悪役であることを如実に物語っている。正義のヒーロー映画を成功に導くカギは、実は悪役がいかに悪く見えるかにかかっているといっても過言ではなく、その意味でこのクリスチャン・ベイルは貴重な存在であり、けっしてヒーローを演じさせるべき俳優ではないような気がする。

一方、アフリカン系の悪玉親分ピープル役のジェフリー・ライトは弟が死んでからのブチギレた演技はなかなかだったが、まるでラップ・ダンサーのような身のこなしは親分にしてはちょっと軽すぎる。その闇の世界を牛耳るピープルでさえ、ウォルターが属するWASPの世界にはなかなか食い込めないことを、この映画は皮肉を込めて観客に伝えている。理不尽な殺人を犯したにもかかわらず、莫大な保釈金を払ってもらってその罪を逃れるウォルター。本当の巨悪の肌は何色なのか?正義の鉄槌は意外な人物から下される。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!