×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
音速のライト兄弟フォンくんの仰天時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Hi-TOUCH Rookies
2.Gipsy Kings
3.スタジオパークからこんにちは
4.Mudhoney
5.Yes
6.有酸素運動
7.仲代達矢
8.Burmilla
9.TEAM-NACS
10.メダロット魂

岳人列伝 (小学館文庫) この本は我がワンゲル部の先輩から伝えられてきた物で、
山をする僕にとってのバイブルです。

NAGISA [VHS] 12才の夏休みの思い出がいっぱいつまった、なぎさの江ノ島物語。
大人にもなれずに戸惑い揺れ動く、思春期の少女のひとなつの物語りを
小沼監督が演出。
ファミコンもカラオケも携帯電話もまだない。昭和の少女の最も多感な思春期を描く。
湘南の陽ざしと共に哀感を込めて、「恋のバカンス」を始めとする黄金の60'sミュージックをバックにした
珠玉の湘南ムービーです。

アンチェインド・メロディ~ベスト・オブ・ライチャス・ブラザーズ ライチャス・ブラザースは60年代に中期,アメリカのポップス界を席巻した白いソウル・シンガーデュオだった。
映画「ゴースト」での「アンチェイント・メロディ」のリヴァイヴァル・ヒットが大きな話題となり,再評価に繋がったようだが,他にも多くの有名映画や,テレビ番組の中にそれとなく使われる事が多かった音楽達である。
そこには,時代を代表するヒット曲である事,普遍性を持った曲である事,と言った条件をクリアーできる彼等の音楽の高い質が存在している事が判る。
僕達が少年の頃,きっと大人の音楽だと思っていたものを今大人になって懐かしく聞いている。40年前の中学生が今になっても,このデュオの素晴らしさを語れる事自体が本当に素晴らしいと思える。
正直言って,当時のポップスには今ではもうジョークとしてしか聞けないような音楽も当時にはあった。でも,彼等のソウルフルで美しい歌声には,今でも感心する。
90年頃のライヴ・ビデオを見たら,ボビーのハイトーンはもう辛くなっていたようだったが,このアルバムで聞ける彼等は当然の如くとても伸びやかである。
”ゴッド・スピード・ユア・ラヴ・トゥ・ミー”

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!